上海へ就航する春秋航空について

春秋航空は、中国の上海を本拠点として運営している、中国の航空会社です。
「春秋」は「しゅんじゅう」と読みます。
拠点となっている空港は、上海虹橋国際空港や上海浦東国際空港、石家荘正定国際空港など。
そんな春秋航空について詳しくご紹介しましょう。
春秋航空の歴史春秋航空ができたのは2004年5月のこと。
その後、2009年に中国民用航空総局より、国際線運転免許を取得し、中国国内だけでなく海外での運行もできるよう準備が始まります。
その後、国際線として運航できるようになり、現在では国内の利用者だけでなく、海外からこの航空会社を利用して中国に訪れる方もいます。
また、2010年に定期チャーター便としての運航をスタートしました。
その後2014年にかけて、香港線、高松線、佐賀線、茨城線がチャーター便として就航を開始。
さらに、2014年の3月になると、大阪・関西線も就航するなど、徐々に幅を広げていきます。
春秋航空は、中国において初となる民間資本系航空会社で、母体となっているのは中国にある旅行会社、上海春秋国際旅行社になります。
春秋航空は航空券の販売キャンペーンも実施航空券の予約はインターネットからもできるようになっています。
春秋航空では、航空券を販売する際に、いくつかのキャンペーンも実施していました。
日本への路線が開設された際には、先着何組という限定で割引価格にて航空券を販売するなど、お得に利用できるキャンペーンを行って利用者の拡大を図りました。
その後も、経済的な事情などから、非常に安い価格で航空券を購入できることもあります。
中国への旅行を検討している方は、ぜひこういった割引キャンペーンを行っているタイミングで利用してみると良いでしょう。
日本から上海へ旅行の際は春秋航空を利用国際線も運航している春秋航空なら、日本から中国への旅行の際にも利用ができます。
お値段もリーズナブルに利用できるものが多くそろっており、場合によっては国内旅行よりも安く済ませられるものもあります。
たとえば、東京から上海までの片道が8,500円程度になっていたり、タイミングによっては、上海までの便で1,000円を割る非常に低価格な航空券が販売されていたりすることもあります。
これに出国税が加わってきますが、それでも片道5,000円以内に抑えることができるので、低料金で旅行を楽しみたい方にとっては非常に魅力的でしょう。
できるだけ安く上海へ旅行に行ってみたいという方は、ぜひ春秋航空を利用してみましょう。

春秋空港のLCC格安航空チケット購入ならこちら・・・スカイチケット(http://skyticket.jp/)

Continue reading: 上海へ就航する春秋航空について

上海へ就航する中国南方航空を紹介

中国南方航空は、中国の広東省広州市に本拠地を置く中国の航空会社です。
ハブ空港となっているのは、北京首都国際空港や広州白雲国際空港などで、焦点空港になっているのは上海やウルム、長春などです。約500機の機材を保有しており、国内・国際線ともに多くの方に利用されています。
そんな中国南方航空について詳しくご紹介しましょう。

中国南方航空の沿革
中国南方航空は、1991年に設立された航空会社です。もともとは中国民用航空総局でしたが、これを引き継ぎました。
そして2002年に中国北方航空と新疆航空の2つが合併し、現在の形となります。
2004年8月にはスカイチームに加盟することを表明し、2007年11月に加盟を果たします。
スカイチームとは、20社のチームからなる航空連合です。
この連合により快適に航空会社を利用できるようになっています。
マイレージサービスの相互乗り入れできるようになっているなど、便利な仕組みが整っています。

そこから2011年になると、エアバスA380型機が運航します。
これは、世界でも初となる運用でした。その後、2015年になると茨城や東京、名古屋などの定期便も運航するようになり、日本各所からも利用できるようになりました。

中国南方航空の機内サービス
中国南方航空では、ファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスの3つに分かれており、それぞれで利用できるサービス内容も異なります。
また、この3つとは別に、プレミアムエコノミークラスというクラスもあり、それぞれの中から選択ができます。

ファーストクラスを利用すれば、完全個室になったタイプもあるので、周りの環境に左右されない快適な空の旅を楽しみたいという方は、こちらを選ぶのがおすすめです。さらには、フルフラット仕様になっている座席も搭載されているので、移動中にゆっくりと眠りたい方にとっても魅力的でしょう。
また、中国南方航空なら機内食も美味しくいただけるなど、快適に過ごすことができます。

中国南方航空を利用して上海へ出かけよう
旅行の際には飛行機での移動も快適に過ごしたいという方は、中国南方航空を利用してみてはいかがでしょうか。
中国南方航空は、上海にも就航しています。日本から上海までであれば少ない時間で移動できますが、やはりそれでも1時間以上は機内で過ごすこととなります。
せっかく飛行機を利用するのであれば、少しでも快適に過ごせた方が、到着後の旅もいっそう楽しくなるはず。
上海へ旅行の際には、快適な空の旅を楽しめる中国南方航空をぜひ利用しましょう。

Continue reading: 上海へ就航する中国南方航空を紹介

吉祥航空は上海へ就航する航空会社

吉祥航空は、急速に発展し世界屈指の高層ビルが建ち並ぶ中国の上海に本拠地を置く航空会社です。
ハブ空港となっているのは上海浦東国際空港ですが、上海虹橋国際空港も同時に利用されています。
国内線・国際線の両方があり、上海へ旅行に行く際にも利用ができます。
そんな吉祥航空について詳しくご紹介しましょう。

吉祥航空の沿革
吉祥航空は、2005年の6月に設立された航空会社で、出資者は上海東部快線航空有限公司になります。
2006年には、ドイツにあるハンブルク国際空港よりエアバスA319-100型機が就航しました。
そして、これが吉祥航空における初の機体となりました。
2010年になると、札幌から上海へ行く路線も開設され、その後沖縄・上海間、大阪・上海間、福岡・上海間、そして東京・上海間まで次々と就航を開始していきました。
2015年には、名古屋から上海を経由して福州へも行けるようになっています。

このように、2010年~2015年にかけて日本と中国をつなぐ便の運航も次々と増えました。
日本から上海へ旅行に行きたいという方が利用できるようになっています。

吉祥航空のネットワーク
日本と中国とを結ぶ吉祥航空ですが、中国はもちろんのこと、香港やマカオ、タイ、韓国なども結ぶ重要な交通の要としての役割を果たしています。
先に紹介したように沖縄を発端として、就航する日本の空港が次々に増えていきましたが、今後もさらに路線の開拓が進んでいくかもしれません。

安全性も高い吉祥航空
吉祥航空では、機材の使用年数の少なさを誇るなど、安全性に十分配慮した運航がなされています。
さらに、定時着率も比較的高く、時間にゆとりを持ちつつ安全な空の旅を楽しむことができます。
過去に賞状をいくつも獲得しているという実績が、その安全性を証明しているでしょう。
これまでに獲得した賞は、顧客満足優質奨や成長新興企業、年度最人気航空会社などです。
さらに、数年にわたり黒字化が続いているなど、経済的な面で見ても高いクオリティを維持しています。

上海へお出かけの際にはぜひ吉祥航空で
このように、顧客満足度も高い吉祥航空なら、快適な空の旅を過ごせることでしょう。日本から中国までは比較的近いですが、やはりせっかくの旅行なら安全に快適に過ごしたいものだと思います。吉祥航空であれば、そんな期待にも応えてくれる満足のいくサービスを受けられることでしょう。

上海旅行で観光やグルメを楽しみたい人は、ぜひ吉祥航空を利用してみてはいかがでしょうか。

Continue reading: 吉祥航空は上海へ就航する航空会社

上海に就航している中国東方航空について

中国東方航空は、140年の歴史を持つ最古の茶楼湖心亭などがある上海市に拠点を置く大規模な航空会社です。
国内線・国際線の両方を運航しており、日本からも利用できます。
そんな中国東方航空について詳しくご紹介しましょう。

日本とも長い付き合いがあり美人CAなども話題
中国東方航空は、中国でも最大規模の会社で日本への乗り入れ数も最多です。
1988年に、中国民用航空総局より引き継いだことにより設立されました。
中国において、日本人の客室乗務員を乗せた初の航空会社としても知られています。
ハブ空港にもなっている上海浦東国際空港には、日本人スタッフも常駐しているという程、日本との交流も深い航空会社になります。

航空会社が設立されてから約15年が経過した2002年には、複数の航空会社を併合し、ニューヨーク証券取引所に上場するまでに至るなど、一気に成長を見せました。就航地の数も多いですが、その分所有する機材数も多く、エアバスA319-100型・A320-200型などをはじめ、400機以上もの機材を取りそろえています
。中でもエアバスA320-200型の数は非常に多く、その数は150機以上にもなります。また、中国東方航空では、エアバスだけでなく、ボーイングも何本か運航しています。

キャンペーンチケットもあってお得
中国東方航空の公式サイトからは、オンラインチケットの購入もできます。
出発地や出発日時などの必要情報を記入することで、フライトのチケット予約が可能です。
お店に足を運ばなくても手軽に航空券を購入することができるので非常に便利です。

中国東方航空を利用すれば、日本の東京・名古屋・大阪・福岡からも上海の空港へ行くことができますが、航空チケットを購入する際にはキャンペーンチケットのサービスを利用することも可能です。
ポイントなどを利用すれば半額で行けたりもします。

その他にも、「日本発着同行ビジネス特別割引」や「日本発着回数券トク割」など、航空券を少しでも安く購入したいという方の希望を叶えるさまざまなキャンペーンや特典を提供しています。リーズナブルで安心な旅行を楽しみたいという方はぜひチェックしてみましょう。

サービスも充実
中国東方航空では、特別支援サービスも実施しています。お子様一人旅というサービスもアリ、成人の方が同伴していなくても搭乗できるようになっています。
もちろん、スタッフが責任を持って世話をするので、安心して預けることができます。対象となっているのは5歳から12歳の子どもです。
他ではなかなか見られないようなサービスが見られるのも、規模の大きさを誇る中国東方航空ならではと言えるでしょう。

Continue reading: 上海に就航している中国東方航空について

日本では定番の、上海へ就航する日本航空

日本から上海に行きたいという場合、どの航空会社を利用すれば良いのか迷う方も多いと思いますが、日本における航空会社といえば、やはりJALが有名です。
ここでは、上海への便が運航している日本の航空会社、JALについて詳しくご紹介しましょう。

日本における大手航空会社のJAL
大手航空会社の日本航空(JAL)は、東京都に本拠地を置く、大規模な航空会社です。JALといえば、普段飛行機を使うことのない方でも名前を聞いたことがあるでしょう。誰でも知っている大きな航空会社だからこそ、安心感を持って利用できます。

JALは、上海浦東国際空港に就航しています。JALを利用して日本から上海へ入国した際には、入国後に検疫が行われ、入国審査を行い、その後荷物受け取り、税関を通る流れとなります。また出国時には、機内持ち込み手荷物検査、検疫、税関検査が行われます。

JALを利用するメリットとは?
JALの魅力は、国内線・国際線ともに便の数が多いこと、サービスが充実しており、手厚いケアを受けられることなどです。また、ハイプランになってくると高品質なサービスを受けることもできますので、贅沢な空の旅を楽しみたい方にとってもおすすめです。

また、マイレージを利用できるのも嬉しいところ。アジアでは、エコノミークラス・プレミアムエコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスがありますが、どちらでも通常マイルを貯めることができます。こういったサービスを利用することによってよりお得にJALを利用することができます。

JALで上海旅行へ行こう
快適な空の旅を過ごしたいという方におすすめのJAL。海外ツアーもあり、東京から上海へのお得なツアープランも組まれています。たとえば、3日間の上海旅行で、航空券・ホテルの宿泊料込みで40,000円程度で組まれている大変お得なツアーなどもあります。こういったツアーを利用すれば、国内旅行をするよりもリーズナブルに海外旅行を楽しむことができます。早割のサービスなどもあるので、旅行のスケジュールが決まっているのであれば、できるだけ早く予約するのがおすすめです。

とくに、海外旅行をする際には思い切り買い物やグルメを楽しみたいという方もいるかと思いますが、交通費や宿泊費などを抑えることで、買い物とグルメに使えるお金も増え、より楽しい旅行となるはずです。日本から上海への旅行を計画中という方は、JALでツアーを探してみてはいかがでしょうか

Continue reading: 日本では定番の、上海へ就航する日本航空